今日もめくるめかない日

2022-06-09から1日間の記事一覧

小説新潮5月号&6月号感想

短編は無限のちからを持っているとおもう。いや、そもそも小説自体が無限のちからを持っているといっても過言ではないのだけれど(そんなこといったら、この世の創作物すべて無限のちからを持っているはずなんだけれども)。 短編というのは、まあ短い話なの…